ダンケミカル株式会社  
本文へジャンプ
DAN-eニュース

メディカル・トリートメント・モデル(MTM)(№904)

 

虫歯や歯周病のリスクをあらかじめ把握し、歯科の指導で歯磨きや食生活などを改善する「メディカル・トリートメント・モデル(MTM)」と呼ばれる手法が注目を集めている。歯科に定期的に通って健康な歯や口内環境を保つ。

日本口腔衛生学会の理事長も務める九州大学の山下喜久教授は「歯周病が心血管疾患や呼吸器感染症、糖尿病などに影響することが明らかになっている」と指摘する。

8/12日本経済新聞(夕刊)くらしナビ ライフサポート「健康維持は歯のケアから(高城裕太氏記事)」より引用)

 

以前にも、歯周病菌が糖尿病などに影響が大きいことや、心血管疾患のリスクが上昇することはご紹介したことがあります。

私も比較的、定期的に、子供のころから通っている近所の歯医者さんに罹って歯の状態を診てもらっています。お陰様でここ近年、虫歯の痛みはありませんし、歯茎の痛みも少なくなりました。

また、ご紹介したかどうか定かではございませんし、情報の裏付けがある訳ではございませんのでそのおつもりでお聞きいただきたいのですが、免疫力を低下させないためには一日の何をするにも前に「朝一番の歯磨き」という話を聞いたような覚えがあり、今は朝起きたら一番の歯磨きを実践しています。