ダンケミカル株式会社  
本文へジャンプ
DAN-eニュース

マスクネ(№903)

 

マスク着用が原因のニキビの造語。

マスクで皮膚が刺激されると肌がゴワつき、進行すると小さなニキビから、赤みのあるニキビへと悪化していきます。

まずはマスクの素材を、ガーゼやシルクなど肌に優しいものに変えましょう。そして重要なのが、マスクを外した後の肌のケア。マスクで蒸れた肌は、ニキビの原因となるアクネ菌が発生しやすくなっています。洗顔はたっぷりの泡で優しく包み、ぬるま湯で流して。化粧水もふんだんに使用します。

外出時では必ず肌の保湿を。ミストタイプの化粧水を携帯しましょう。

8/4産経新聞 暮らし 牧野和世の美の教室55「ミスト化粧水を持ち歩いて」記事より引用)

 

ほぼ、記事の抜粋ですが、女性に限らないことと思いご紹介します。

以前は化粧水を使っていましたが、化粧水が目に入って炎症を起こしてから使っていません。改めて目に入らないように注意しながら使ってみようかと思います。

夏場のマスクは初めてで、思った以上に蒸れて暑く、息苦しくて負担です。熱中症にもご注意いただきながら、新型コロナウイルス対策としてのマスク着用も何卒ご配慮の程よろしくお願い申し上げます。